今治看護専門学校

学科紹介 専門課程 第一看護科

カリキュラム

基礎分野

科学的思考の基盤
科目 単位:講義
生物学 1
情報科学 1
哲学(倫理学含む) 1
保健科学Ⅰ 1
保健科学Ⅱ(実技含む) 2
人間と生活・社会の理解
科目 単位:講義
心理学 1
人間関係論 1
文学 1
国語表現 1
教育学 1
社会学 1
外国語(医療英語含む) 1

専門基礎分野

人体の構造と機能
科目 単位:講義
解剖生理学Ⅰ 1
解剖生理学Ⅱ 2
生化学(栄養学含む) 1
疾病の成り立ちと回復の促進
科目 単位:講義
病理学(総論) 1
病態治療論Ⅰ(呼吸・内分泌・代謝) 1
病態治療論Ⅱ(循環・血液造血・感染) 1
病態治療論Ⅲ(消化器) 1
病態治療論Ⅳ(脳神経・運動・リハビリ) 2
病態治療論Ⅴ(外科・麻酔・救急) 1
病態治療論Ⅵ(腎・泌尿・女性生殖) 1
病態治療論Ⅶ(感覚) 1
薬理学 1
微生物学 1
健康支援と社会保障制度
科目 単位:講義
健康論 1
総合医療論 1
公衆衛生学 1
社会福祉Ⅰ 1
社会福祉Ⅱ 1
関係法規 1

専門分野Ⅰ

基礎看護学
科目 単位:講義
基礎看護学概論 1
基礎看護方法論Ⅰ(基本・日常) 2
基礎看護方法論Ⅱ(診療) 2
基礎看護方法論Ⅲ(診療・指導) 1
基礎看護方法論Ⅳ(看護過程) 1
基礎看護方法論Ⅴ(経過別) 1
基礎看護方法論Ⅵ(看護研究) 2
基礎看護技術演習 1
臨地実習
科目 単位:実習
基礎看護学実習Ⅰ 1
基礎看護学実習Ⅱ 2

専門分野Ⅱ

成人看護学
科目 単位:講義
成人看護学概論 1
成人看護方法論Ⅰ(看護過程・技術) 1
成人看護方法論Ⅱ(急性期) 1
成人看護方法論Ⅲ(回復期) 1
成人看護方法論Ⅳ(慢性期) 1
成人看護方法論Ⅴ(終末期) 1
老年看護学
科目 単位:講義
老年看護学概論 1
老年看護方法論Ⅰ 1
老年看護方法論Ⅱ 2
小児看護学
科目 単位:講義
小児看護学概論 1
小児看護方法論Ⅰ 1
小児看護方法論Ⅱ 2
母性看護学
科目 単位:講義
母性看護学概論 1
母性看護方法論Ⅰ 1
母性看護方法論Ⅱ 2
精神看護学
科目 単位:講義
精神看護学概論 1
精神看護方法論Ⅰ 1
精神看護方法論Ⅱ 2
臨地実習
科目 単位:実習
成人看護学実習Ⅰ(看護過程) 2
成人看護学実習Ⅱ(急性期・回復期) 2
成人看護学実習Ⅲ(慢性期・終末期) 2
老年看護学実習Ⅰ 2
老年看護学実習Ⅱ 2
小児看護学実習 2
母性看護学実習 2
精神看護学実習 2

統合分野

在宅看護論
科目 単位:講義
在宅看護概論 1
在宅看護方法論Ⅰ 1
在宅看護方法論Ⅱ 1
在宅看護方法論Ⅲ 1
看護の統合と実践
科目 単位:講義
看護管理(国際看護含む) 1
災害看護 1
医療安全 1
統合技術演習 1
臨地実習
科目 単位:実習
在宅看護論実習 2
統合実習 2

単位:講義75・実習23 計98

学び、実践力。

学生1人ひとりを大切に。豊かな人間性と確かな専門知識・技術を兼ね備えた看護師を養成します。

学びのポイント

基礎分野
「科学的思考の基盤」や「人間と生活・社会の理解」を学びます。人と生命の尊厳・人間形成に役立つ教育内容で構成しています。
専門基礎分野
看護実践の基礎となる専門知識を習得し、保健・医療・福祉を総合的に理解し、知識を活用することができる能力を養います。
専門分野Ⅰ
すべての看護実践の基盤であり、核となる教育内容です。看護学や在宅看護論の基盤となる基礎的理論や基礎的技術を学びます。
専門分野Ⅱ
成人、老年、小児、母性、精神看護学の5つの領域について、看護の対象及び目的の理解、健康の保持増進と疾病・障害を有する人々に対する援助を学びます。
統合分野
生活しながら療養する人たちに対する看護を学ぶ在宅看護論と、より臨床に近い学習を通して在宅と臨床を統合させながら看護実践が出来るように構成しています。
より実践に近く!!豊富な実習先で知識と技術を学ぶ。

 一般社団法人今治市医師会のバックアップのもと、地域医療をになう今治市内の病院との連携で、在学時の臨地実習をはじめ、卒業後の就職先においても学生一人ひとりをしっかりとサポートしています。

臨地実習スケジュール

臨地実習スケジュール
  • 1年次から臨床の現場を体験し、病院における看護への興味や関心を高めます。
  • 基礎看護実習Ⅰでの経験をもとに、学内でさらに学習を深めた後、実際の医療現場での実習を行います。基礎看護実習Ⅱでは、患者さんを受け持ち、実践能力を身につけていきます。
  • 各領域の現場での実習をもとに、さらに専門的な看護能力を学びます。より人間を理解し、対象者へのコミュニケーション能力、解決方法を身につけていきます。
臨地実習臨地実習